FC2ブログ

オリゴ糖は便秘に効果があるの?

便秘に悩む管理人が「北の大地の天然オリゴ糖」を摂り入れ、オリゴ糖の効果を検証するブログです。はたしてオリゴ糖は便秘に効くのか?

習慣性便秘とは

現代人にいちばん多く、 生活習慣が原因で起こる症状が、習慣性便秘です。

朝はいつもギリギリで朝食抜き、トイレに行く時間の余裕もなく、慌てて家を飛び出すような生活をしている人によくみられる傾向です。

便意が起こっても、時間がないからという理由で我慢し続けた結果、便意をもよおさなくなってしまうのです。便意は、排尿感覚と違い、15分ぐらい我慢しているとなくなっててしまうのが特徴です。

度々我慢している内に、便意の感じ方も鈍くなり、便が長いこと直腸に溜まっていると、水分がどんどん吸収されて便が硬くなり、よりいっそう出にくくなって、便秘が慢性化してしまうのです。

この便秘の症状で一番の問題は、便意を起こす要因になる朝食を抜くことです。 朝はミルクやフルーツだけでもいいですから、必ず何か摂り入れるように心掛けましょう。

排便活動をより活発にするため、食物繊維や善玉菌を多く摂り入れ腸内環境を改善させましょう。
また、便意を感じたら我慢せず、すぐにトイレに行くことを心掛けることも大切です。
スポンサーサイト



  1. 便秘の種類
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

痙攣性便秘とは

痙攣性便秘(けいれんせいべんぴ)とは、ストレスや睡眠不足などが原因で腸の運動が活発になり過ぎ、便通が悪くなることで起こる便秘です。

痙攣性便秘は、便意を催してもなかなか排泄することができず、ウサギの糞のようなコロコロとした硬い便が出るのが特徴です。

また痙攣性便秘は、腹痛を伴うことも特徴的で、便秘と下痢を交互に繰り返したりするなど、過敏性腸症候群の症状が見られることもあります。
  1. 便秘の種類

直腸性便秘とは

直腸性便秘とは、便意を感じているにもかかわらず、忙しいなどの理由で排便を我慢することが原因で、直腸の便意反射が弱まることによって起こる便秘です。

直腸性便秘は、便意を我慢することで直腸が鈍くなって反応が悪くなり、便意を催しにくくなります。便が長時間滞留すると水分が吸収され硬くなり、排便が困難になったり痔になる可能性があります。

直腸性便秘の改善策としては、できるだけ食物繊維や水分を摂るよう心掛け排便を促すようにしたいものです。便意を催した時は我慢せず排泄するよう心掛けましょう。
  1. 便秘の種類

弛緩性便秘とは

弛緩性便秘とは、大腸の緊張が弛み便を直腸へ送るぜん動運動が弱いために起こります。水分が少なく硬い便になりやすいのが特徴です。

弛緩性便秘は、高齢者やお産経験者をはじめ体力が低下した女性など、主に腹筋の筋力が弱っている人に多くみられます。

弛緩性便秘は、頭痛・肩こり・めまい・身体のだるさ・手足の冷えなどの症状を伴います。食物繊維を積極的に摂り入れたり、腸内に善玉菌を増殖させるなどして改善してみましょう。
  1. 便秘の種類